ベンチャー支援としてどんなものがあるのか知ろう

補助金を活用

補助金を活用する

補助金とは国や地方公共団体が政策を実現するために条件を定め資金援助する制度です。
補助金は事業計画を計画するなど行ったうえでさらに審査を受ける必要があります。申請すれば誰でももらえるというものではありません。その一方で融資と異る点として返済義務がありません。
補助金を受ける条件は、募集要項に従う、事業計画および資金計画等を検討、必要書類を作成という手順があります。そのうえで、相談等もしながら中小企業診断士等の専門家の助言を得て細かく計画を立てる必要があります。
たとえ専門家の助言をもらう機会を得たとしても、事業計画や資金計画は自身の中に明確なビジョンがなければ完成しません。どのような事業をしたいと考えているか、その事業は何を指すのか、どうやって利益へつなげるか、将来的な目標は何かなど具体的なビジョンを立てることが必要です。

補助金はすぐに貰えないことに注意

補助金は要件を満たしていること、そしてさらに審査を受ける必要があります。必ずしもだれもが受給できるわけではないんです。
補助金を申請しようと考えている事業計画を作成するにあたり意識しておかなければならないのは、その補助金の目的です。「この事業は儲かります」というだけではない目的を明確にした補助金制度を意識した計画を考えなければなりません。
そして注意点として補助金は受給決定後すぐにもらえるわけではないんです。
基本的には後払いで、設備投資などが完了した後の計画実施後に支給されます。ですので、補助金がいつ入金されるのかについて把握しておきましょう。

支援といっても色々な形があるんですね。ですがここに記載したものはほんの一部です。ベンチャー支援を受けて一歩踏み出してみませんか?


Shear!

B!