ベンチャー支援としてどんなものがあるのか知ろう

融資をうける

融資を受ける

融資を利用するメリットは、ハードルが他の資金面の調達方法よりも低いこと、すぐに資金を得られることです。
投資も、投資家から「あなたの起業に投資をしたい」と思わせるだけのプランがなければ、思うような資金調達ができません。
融資を受けようとする場合には、長期事業計画をたてたものを準備し、自分がこれだけのことをしたいんだという面を見せる必要があります。この計画を立てるのには専門家のアドバイス等があった方が作成しやすいです。このような点をクリアしていくために、前述した起業前セミナーなどがあるわけですね。横のつながりを事前に作っておくというのは大切なことです。
融資の場合には、比較的すぐに資金を得られることがメリットといえます。

融資を受けるデメリットもある

一方で,融資にはデメリットもあります。
融資の場合借りたものですので元本や利息を返済する負担を伴います。利息の負担を抑えることができる日本政策金融公庫のような制度はありますがやはり、将来の見通しを立てづらいベンチャー企業にとって、返済負担は大きなネックとなる恐れがあります。
また多額の融資を受けようとすると、代表者が保証人となることを求められることが多いです。代表者の保証を必要としないような融資制度もありますが、そのような場合には融資を受けられる金額は代表者が保証人となる場合と比べて制限を受けます。
仮に、ベンチャー企業を立ち上げたものの結果を伴うことができず事業に失敗してしまったらどうなるのでしょうか。このような場合には、破産が第一選択といってよいでしょう。


Shear!

B!