ベンチャー支援としてどんなものがあるのか知ろう

ベンチャーとは

起業までの知識を得る場を提供する支援

まず起業するにあたり基礎知識を得る。そして起業について考えてみたいという人はいると思います。そのような方のために創業セミナーや講座が開催されています。
創業・ベンチャー国民フォーラムは、創業・ベンチャー企業を生み出すために国民の意識作りとその土台を作っていくために、起業経験者や有識者等で構成される組織です。シンポジウムを全国で開催したり、創業・起業の普及のための啓発活動が行われています。
創業塾では事業計画(いわゆるビジネスプラン)を完成させたり、実践能力修得支援として、10日間程度の短期集中研修を開催しています。
このほか都道府県や市町村がこのようなセミナーを開催していたりします。市町村によってじゃ創業セミナーや創業塾を修了するとそれを条件に、優遇措置が受けられるところもありますので、すでに経営の知識があったとしてもこれから起業を考える方は参加してもよいのではないでしょうか。

相談できる場を提供する支援

創業する人が相談できる場もあります。経営の課題や情報がないと分かりづらい各種補助金についての助言をくれたり、弁護士、会計士、コンサルタントなど経営分野の専門家の紹介など創業するとどこかでぶつかると思われるような数々の疑問について相談ができる場も設けられています。
中小企業庁では、既に事業活動を行っている中小企業やこれから起業を考える人々を多角的に支援するために各種の相談窓口・専門家の派遣・情報の提供や講習会などを開催しています。
日本政策金融公庫は日本政策金融公庫の各支店でも創業に関する相談を受け付けています。
このほか日本各地によろず支援拠点というものがあります。これは、独立行政法人中小企業基盤整備機構が設置している経営相談所なのですが、中小企業・小規模事業経営者に対して、経営を進める上での悩み相談や支援サービス対応をしてくれます。


Shear!

B!